前の記事次の記事
17秋イベ E1 E2 E3 E4
2016年08月07日

【艦これ】巡洋艦の航海長ってやっぱりエリートだったんでち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
34:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:15:43 5Qr
質問でち
巡洋艦の航海長ってやっぱりエリートだったんでち?
53:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:16:26 htB
>>34
巡洋艦クラスで長になるのなら基本的に兵学校出ているので、世間一般的に見ればエリート
50:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:16:21 SZ4
>>34
エリートいうか、海軍将校は基本えりーと
70:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:17:11 YQP
>>50
しかも当時のエリートとか本当にすごい
【DMM/角川】艦隊これくしょん~艦これ~14025隻目
引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1470488497


102:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:18:24 L5b
>>70
特に当時の海軍大学校に入れるのは
今の東大生が束になっても敵わないレベルの頭脳の持ち主ばかりだしな
だからこそあんな負け方をしたのかもしれんけど……
122:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:19:03 iGf
>>102
なお教科書どうりの思考が優先された模様
135:■忍法帖【Lv=1,どくイモムシ,zqH】:2016/08/06(土)22:19:47 aRK
>>122
じゃあ想定外の事態に弱いのその頃から・・・
176:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:21:51 L5b
>>135
日清日露辺りの帝国海軍は想定外の事態に強かったんよ
その上に教科書通りの事態にも強いと言う、絵に描いたような人材チート集団だった

だけど昭和の帝国海軍はどうしてこうなったと言わんばかりの組織だった
202:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:22:50 FYs
>>102
最初は科学や国際法など幅広い分野を学ばせて
視野の広いエリートを作ることを目ざしてたらしいが
昭和に入る頃には軍事学に偏重していったとか

ちなみ艦これにも出てきた五誠も昭和に出てきたもんだったそうで
234:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:24:17 6EL
>>202
良くも悪くも諸外国の侵略がリアルだった維新世代と
その時代を知らずに学校に入って学問を極めた世代の違いかなと
世代のせいにするのは卑怯ってわかってるんだけどね
264:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:25:40 YQP
>>102
負け方というか士官の裾幅が少なすぎて士官充足率が低かったのと
どうしても頭でっかちというか純粋培養エリートはやっぱり危ないな
アメリカの将官クラスは案外主席とかじゃなかったりする
例えばヘンリー・オーランド 20位
最終階級 陸軍中将
特筆すべき業績 太平洋陸軍総司令官アメリカ軍の兵站理論の基礎を形成
オマール・ネルソン・ブラッド
レー 44位
最終階級 元帥特筆すべき業績 NATO軍事委員会委員長 アメリカ統合参謀本部議長
ドワイト・デヴィッド・アイゼンハワー 61位
最終階級 元帥
特筆すべき業績 連合国遠征軍最高司令部最高司令官 アメリカ陸軍参謀総長 NATO軍最高司令官 アメリカ合衆国第34代大統領

やっぱり日本は組織システムで負けた気がする
282:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:26:49 DZ1
>>264
残念ながら昔に限ったことじゃないんだなあ
280:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:26:40 6DI
>>264
年功序列にこだわっている時点で……
307:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:28:22 Sk5
>>280
年功序列のために組織まで変えた支那方面艦隊と海上護衛総司令部の指揮権の話や連合艦隊と南西方面艦隊の話とか、
今から考えるとすごい馬鹿みたい
339:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:29:52 YQP
>>307
あと戦時特進制度がないんだよね日本
あった方が士気も上がるし指揮権を適任に任せやすいんだけどなぁ
347:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:30:28 iGf
>>264
アメリカは平時の将軍と戦時の将軍は別のものと考えてるで
372:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:31:37 YQP
>>347
まぁそうなんだけどね
ただ日本にも戦時特例制度があってもよかったんじゃないかと
389:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:32:42 L5b
>>372
日清戦争時代の日本にもあったんよ
日露戦争後に廃止されたけど
392:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:32:50 htB
>>372
あれはアレで問題ありまくりやで
日本の場合は参謀を本科専科に分けて参謀職を単能化して司令部の数を増やす方向で対応しようとしている
418:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:34:50 YQP
>>392
やっぱり問題の方が多いか…
439:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:36:05 htB
>>418
手柄を立てても能力があるかどうかは別やからなぁ
連隊長として有能だけど、師団上にあげたら自分の兵科以外の事がクソすぎて使い物にならなかったとか結構問題ある人事も多いのよ
489:名無しさん@おーぷん:2016/08/06(土)22:40:16 YQP
>>439
うーん、やっぱり地位が上がれば上がる分だけ把握しなければいけない
分野が増えるかぁ…
かといって組織上層部の硬直化を減らすためにはどうすればいいのか
あと日本軍みたいにそれこそ国の何%しか突破できない試験と運動をこなせた超人エリートだけってのも危険な気がするんだが…どうなんだろう


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
前の記事次の記事

コメント一覧

    • 1. 名も無き提督
    • 2016年08月07日 20:26 ID:tg3gal8M0
    • 巡洋艦の艦長は大佐だから、副長が中佐クラスで航海長は砲術長・水雷長と同格で少佐クラスかな
    • 2. 名も無き提督
    • 2016年08月07日 22:32 ID:rWqAkjvH0
    • 後は明治、大正、昭和にかけて本当に急速に色んな事の専門化が進んでいったのも
      ほんの少しかもしれないが影響あるだろうな。
      夏目漱石の講演やら寺田寅彦の随筆やらでも色々な事、商売やら学問やらが細分化して、
      専門化していってる様子がちょこちょこ描かれてるし。
      あまりに細分化され過ぎて、柔軟に色んなことから発想する心を忘れかけてないかと
      嘆いてるところもあるしなあ。
      細分化は必要なことだし、他の国だって同じだったからそれだけのせいとは絶対に言えないけど、
      明治大正の海外へのコンプレックスと、それの裏返しみたいな後々の軍国主義と合わせて
      急速な細分、専門化による硬直を取り切れないまま増長しちゃったのが第二次大戦時の日本の一面にあるかもしれんね
    • 3. 名も無き提督
    • 2016年08月07日 22:58 ID:SBGX30UZ0
    • かと言って、低能怠惰な連中に指揮やらせるわけにもいかんじゃん
      そういうやつらはモラルも低いからね
      軍事力を悪用しやすくなって、憲兵さんの出番が増えることになる

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット